トヨタ車販売|先輩社員紹介|働き方を知る|TSUKAHARA CREWS 塚原企業グループ採用HP

営業スタッフ福田魁斗

営業として店舗ショールーム、または訪問での自動車の販売、
車検・点検や各種保険のアフターフォローなどを担当

プロフィール 福田魁斗/営業スタッフ/富士大学経済学部卒業/平成28年4月入社

ある日のスケジュール

出社

8時30分頃に出社しています。通勤は車で10分ほどですから、しっかりと朝食を取って、余裕を持って出勤しています。車に乗る機会やフットワークを求められる仕事なので、食事面での健康管理には気を配っています。出社後にすることは社員全員での清掃。北国ですから冬場には駐車場の雪かきや、試乗車の雪下ろしなどもあります。

朝ミーティング

掃除が終わるとすぐに朝ミーティングが始まります。仕事の状況や予定、共有したい情報交換など30分ほど行います。例えば顧客からの車検見積りの件について報告したところ、年式が古かったこともあり、上司からの的確なアドバイスがありました。経験から得た対応力には日々勉強させられます。

商談

ユーザーとの商談は店舗応対と訪問の2通り。まだ入社して数年ですから、まずは自分の顔と名前を覚えてもらうことで、渡した名刺は数知れず、1日に15~20軒ほどは訪問活動をしています。同行訪問などで先輩を見ていると、会話のつかみ、ユーザーの気持ちを推し量る嗅覚、安心を与える知識と技術、すべてが勉強になりますが、必要なのは自分なりの営業スタイルを身に付けることでしょうか。

エンジニアとの打ち合わせ

営業スタッフも車のメカニカルな知識が必要ですが、エンジニアのアドバイスには説得力があります。メカニックの仕事は大きく分けて車検・定期点検、補償整備(リコール対応)、一般整備の3つがあり、カルテやバトンカードを使って常に共通認識を持つように情報を共有しています。そのおかげで不在の時などユーザー対応をお願いしたり、車を買い替える判断材料にもつながります。

事務処理

車検や車庫証明、車両登録に必要な印鑑証明書、保険業務などの事務処理があります。特に自動車保険は毎年のように改定があり、見直しに無駄が出ないようにしなければなりません。ユーザーに信頼していただけるポイントにもなります。そのほかに事故対応や活動日報の作成などもあります。

退社

その日に済ませなければならない残務処理をします。イベント前のアポイントなど、明日の仕事の段取りを考えてから退社します。

5つの質問

1.入社動機

小さい頃からあまり体格に恵まれていなかったので、スポーツは野球などの団体競技ではなく個人競技の卓球に取り組んできました。そのスポーツで得た友人もいて、まずは地元にUターンしたかったことが一番の動機です。また、合同企業セミナーで会社の人事担当者に、「この会社の原点は"人に尽くせる人づくり"です」と伺い、共感を覚えました。人は一人では生きていけませんので、大切なのはどれだけ接した人と価値観を共有できるかになります。相手の心を理解し、自分なりに他人(ひと)に尽くせる人間になりたいですね。
車は高額な商品ですから、ディーラーとなれば厳しいだろうなという覚悟はありました。でも今は、選択に誤りはなかったと思います。

2.仕事のやりがい

自動車は独身の時から家庭を持ち、子どもが巣立ちご高齢になるまで、用途によって車種が変わっていきます。いわばユーザーの人生を映すシンボルのようなところがあります。入社動機で"人に尽くせる人間になりたい"と言いましたが、この前、納車でご自宅に伺うと、ユーザーの方がお孫さんと一緒に玄関先で待っていました。その嬉しそうな姿を見ながら、微力ながらご家族のつながりの一助に尽くせたようで、このような感覚が仕事のやりがいなのかなと思いました。CR(顧客保持)活動のため、訪問・電話応対・DM発送など地道な営業活動の日々ですが、「福田さんから次も買うから」などと言われた日は、一日中、幸せな気持ちになりますね。

3.今後の目標

営業ですから当然、販売台数を増やすことが第一の目標です。また当社では営業スタッフ評価制度で、3年間に250台以上を販売すると、年齢に関係なく主任昇格が約束されるので、それもモチベーションになります。
でも"数字ありき"ではありません。効率を考えた要領のよさだけでは、いずれ行き詰まります。人間のタイプには聞き上手、押しの強さ、話題の豊富さ、情報と粘り、度胸と愛敬など様々ありますが、今後は自分なりのスタイルを確立し、磨きをかけてタクティックスを増やしていくことを目指しています。
現在、私の担当エリアは海に面した地域で、自然環境が厳しく高齢者が多いので、商談はまず中古車から入ることにしています。それが安心感につながっているかは分かりませんが、様々な答えが返ってきて自然な形で情報収集に結び付いています。遠回りのようですが、これが私なりのスタイルです。

4.オフの過ごし方

スポーツ(卓球)をしていたこともあって健康には関心があり、オフにはジムに通っています。でも若い時に鍛えた筋肉は意外に偏っていて、弱い部分とアンバランスになることが多く、痛める原因にもなるので、トータルフィットネスを心がけています。
あとはショッピングですね。別段、何を買うでもなくショーウインドウを見て回るだけで気分転換になります。ファッションなど流行を知ることは車の販売にも直結しますので情報収集は欠かせません。

5.学生のみなさんへのメッセージ

就職に関して、かつて大卒・短大卒・高卒のそれぞれの定着率は「シチゴサン」といわれ、ミスマッチでの離職を指摘されていますが、趣味と実益を兼ねた職業などはまずありません。むしろ生きがい・やりがいを持って、努力してキャリアアップを積んでいくうちに職業観が定着していくものです。
当社は"多様性の高い企業"を目標の一つに掲げていて、本当に色々なタイプ、様々なスキルを身に付けた個性豊かな人材が揃っていると思います。そういったメンバーが、チームワークを大切にしてアットホームな職場環境を作っています。

  • 働き方を知る
  • 他の先輩社員を見る

Copyright(c) TSUKAHARA CREWS co.,ltd. All Rights Reserved.

エントリー(新卒)

エントリー(中途)