営業本部|先輩社員紹介|働き方を知る|TSUKAHARA CREWS 塚原企業グループ採用HP

営業本部関橋一弘

販売促進企画や情報通信部門などを担当

プロフィール 関橋一弘/業務課 係長代理/岩手大学工学部卒業/平成14年4月入社

ある日のスケジュール

出社

気持よく一日の仕事を始められるよう、事務所内の掃除や整理整頓をします。また、毎週水曜日は清掃活動として本社ビル前や地域のゴミ拾いにも取り組んでいます。

朝礼&ミーティング

朝礼とミーティングは毎日行っています。一人一人のスケジュールや仕事の状況を報告し、会社の方針や目標といった情報を共有します。社内のコミュニケーションをきちんととることで、情報の行き違いや作業の無駄を減らし、お互いの仕事を円滑に進めることができます。

自動車販売店舗での打ち合わせ

車両の販売促進を立案するときは、企画を立て、その実施内容を直接店舗に伝えます。施策を作った本人だけが理解していて、実際に販売をする店舗が理解していない、となれば企画の意味がありません。主旨をまとめ、なるべく的確に伝わるよう工夫をしています。

イベント準備

当社のイベントホール「サザンウイング」で、毎月1〜2回のペースで車両展示会などのイベントを実施しています。女性視点の飾り付けや車のレイアウトも自分たちで考え、お客様が「今回は何か変わった催しがあるのかな」とワクワクしてもらえるように毎回工夫を凝らしています。

携帯電話販売店舗での打ち合わせ

バリュー商品として携帯電話の新機種の発売や料金体系の変更など、情報の更新頻度が高い商品。めまぐるしく変わる複雑な情報をきちんと把握し、お客様へのサービスとして還元するには、店頭に立つスタッフにいかにわかりやすく伝えるかがカギ。そのためには、まず自分が理解できなければいけません。情報を先取りし読み込み、整理してスタッフに伝えるための資料を作ります。

退社

その日に済ませなければならない残務処理をします。イベント前など、明日の業務の段取りを考えてから退社します。

5つの質問

1.入社動機

八戸市出身で、大学時代は岩手で過ごしましたが「卒業したら地元で働きたい」という思いがありました。塚原企業グループは、県内の中でも規模が大きく、関連会社を含め裾野が広いという印象を持っていましたし、就職氷河期だったこともあり、企業の安定性に惹かれた部分もあります。「その分仕事は多種多様で大変らしいよ」という話は聞いていましたが、逆に「そこで頑張ることができれば、きっと将来の自分の力や自信になる」と考え入社を決意しました。

2.仕事のやりがい

私がやりがいを感じる瞬間は、やっぱりお客様が喜んでくれたり、「助かったよ、ありがとう」と声を掛けてもらった時です。お客様の数だけニーズがあり、それを理解し最善を尽くすことで「感謝」が生まれる。「お客様は何を困っているのか、自分は何をしてあげられるのか」を常に考え、積極的に仕事に取り組むほど、喜びややりがいを感じる機会が増えていくと私は思っています。「言われたことをただやるだけ」ではそれを得ることができませんし、働いていても全然おもしろくないですよね。

3.今後の目標

新人には新人の、ベテランはベテランなりに、それぞれのステージで果たすべき役割や責任があると思いますが、入社15年目の私の目標は「後輩達に目標とされる人間」になること。じゃあ、どんなところを目標にしてもらいたいか…と考えると難しいのですが(笑)、「受けた仕事は途中で投げ出さない、最後までやり抜く」ことについては、自分なりに信念を持って取り組んでいる所かなと思っています。

4.オフの過ごし方

毎週木曜日の夜はフットサルの練習に参加しているので、この日は極力早く帰るようにしています。その日は特に仕事も捗りますし、身体を動かすことでリフレッシュでき、浮かばなかったアイデアがふと浮かんでくる事も。「オフ時間はしっかり遊ぶ」という事も大切だと思います。

5.学生のみなさんへのメッセージ

仕事は決して楽しい事だけではありません。けれど、乗り越えたからこそ得られる喜びや感動もあります。大事なのは、「面倒だな」「やりたくないな」と逃げるのではなく、どんな事にも興味を持って積極的に取り組むこと。この会社で一緒に働く人は、チャレンジすることに素直であり、前向きに進んで行ける人であってほしいと思っています。

  • 働き方を知る
  • 他の先輩社員を見る

Copyright(c) TSUKAHARA CREWS co.,ltd. All Rights Reserved.

エントリー(新卒)

エントリー(中途)